メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大学倶楽部・東京農業大、琉球大

サンゴ礁「富栄養化」化学肥料が影響か 鹿児島・与論島で実証実験

 サンゴ礁にダメージを与える原因の一つとみられているのが、海の「富栄養化」。海中の窒素やリンなどの栄養物が過剰になることだ。サンゴ礁海域にある島々での農業に使われる化学肥料との関連を調べようと、東京農業大と琉球大、地域の環境団体などでつくる合同チームが、サンゴの環礁(リーフ)に囲まれる、鹿児島県の与論島で実証実験を行っている。

     与論島など南西諸島では、特産物であるサトウキビの栽培が盛んだ。そこで東京農大の中西康博教授(59)らは、栽培で使う化学肥料に含まれる硝酸態窒素などの窒素成分が雨水に溶け込み、地下水を通じて海に流れ出ていると推論した。化学肥料をまく時期や量について島の農家にアンケート調査を行ったところ、大半の農家がサトウキビの栽培初期にたくさんの肥料をまいており、その時期に地下水の窒素濃度が高い傾向にあることが分かった。

     「生育のスピードが遅いときに大量の肥料をまいても、サトウキビはその栄養を吸収しきれない」と中西教授は指摘する。肥料の中の窒素成分が地下水を経由してサンゴ礁海域に過度に流出した場合、植物プランクトンや藻類を異常発生させ、海の透明度やサンゴの中で生きる褐虫藻の光合成に影響する可能性がある。「無駄な肥料をまくことがなければコストが下がり、収穫量が上がる。農家にとってもいいことだし、地下水や海の環境負荷も軽減できる」と中西教授は言う。

     実証実験はサンゴ礁の生態系保全を目的にした環境省のモデル事業で、2016年度から5カ年計画で進めている。チームのメンバーでNPO法人「海の再生ネットワークよろん」事務局長の渡辺暢雄さん(63)は「サンゴ礁を取り巻く環境に人間がどんな負荷を与えているか。それぞれの立場で考えてもらえれば」と力を込めた。【明珍美紀】

    東京農業大

    公式HP:http://www.nodai.ac.jp
    所在地:〒156-8502 東京都世田谷区桜丘1-1-1
    電 話:03-5477-2226

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
    2. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
    3. 子育て世帯 平均年収683万円 5年前より86万円増
    4. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」
    5. 名人戦 佐藤が3連覇 4勝2敗で羽生降す

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]