メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

結核

対策、国連が本腰 9月会合、日本のリード期待 世界の感染症死因1位

結核で失明し、父親(左)の介添えを受けながら街を歩くマリア・テングさん=米ニューヨーク・マンハッタンで、國枝すみれ撮影

 【ニューヨーク國枝すみれ】世界で感染症のうち死因の第1位ながら、対策が遅れる結核。2016年には約170万人の命を奪った。世界保健機関(WHO)グローバル結核プログラムのテレサ・カサエバ部長は5日、国連本部で記者会見し「新薬やワクチンの研究開発に年20億ドル(約2200億円)、感染者の発見と検査・治療などに年130億ドルが必要だ」と訴えた。

 今年9月に開かれる国連総会ハイレベル会合では初めて結核を取り上げ、感染拡大防止に向けた行動を盛り込…

この記事は有料記事です。

残り1449文字(全文1671文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  3. 神戸市交通局「心からおわび」 逮捕の運転手、朝のアルコール検査で異常なく 神戸・バス事故
  4. 心肺停止の女性死亡、死者2人に 逮捕の運転手「発車しようとしたら急発進」 神戸・バス事故
  5. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです