メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

岩手・釜石津波訴訟 拠点避難所で犠牲、和解へ 市、責任認める

 東日本大震災の発生後、岩手県釜石市の鵜住居(うのすまい)地区防災センターに避難して津波の犠牲となった幼稚園臨時職員の片桐理香子さん(当時31歳)の遺族が市に約3490万円の損害賠償を求めた訴訟で、同市は8日、仙台高裁の和解案を受け入れる方針を明らかにした。「行政の責任」を認めて原告に謝罪し、和解金48万9500円を支払う内容。遺族側も受け入れる意向で、来月3日の和解協議で成立する見通し。【小鍜冶孝志、中尾卓英】

 この日の定例記者会見で野田武則市長は「行政の責任を重く感じている。二度と同じ悲劇を繰り返さないよう…

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文986文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

  4. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  5. 「事故起こし怖く…」ひき逃げ容疑で28歳会社員逮捕 3カ月乳児死亡 兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです