メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英月の極楽シネマ

天命の城(2017年、韓国) 「自力」にすがる悲しき忠臣

 1636年冬、中国・清が12万の大軍で李氏朝鮮に侵攻した「丙子(へいし)の役」。孤立無援の山城で籠城(ろうじょう)を余儀なくされた王とその国の運命を描きます。

 生きる道を選び降伏を説くチェ・ミョンギル(イ・ビョンホン)と、死を覚悟し徹底抗戦を主張するキム・サンホン(キム・ユンソク)。考え方は違えども大義のためにあらゆる手段を尽くす2人の家臣の姿は、まさに「人事を尽くして天命を待つ」という言葉を体現しているようです。

 ところで、明治時代の僧侶、清沢満之(きよざわまんし)は「天命に安んじて人事を尽くす」という言葉を残…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです