メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

27人の「優生手術」資料 県立精神科病院、書庫から発見 59~62年 /山形

 旧優生保護法(1948~96年)に基づき障害者らへの強制不妊手術が行われていた問題で、鶴岡市にある県立精神科病院で59~62年に、入院患者27人が本人の同意なく手術を受けさせられた可能性が高いことを示す文書が見つかったことが7日、県への取材で明らかになった。これまでに県が手術を受けたと確認したのは31人で、時期は69~72年度と80年代。新たな把握分となりそうだ。

 県立病院課などによると、病院の書庫から「優生手術」に関連する冊子2冊、計約300ページ分が見つかり…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  2. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. いじめか 数人で男子生徒に暴行する動画をインスタに投稿 新潟青陵高校
  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです