メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

27人の「優生手術」資料 県立精神科病院、書庫から発見 59~62年 /山形

 旧優生保護法(1948~96年)に基づき障害者らへの強制不妊手術が行われていた問題で、鶴岡市にある県立精神科病院で59~62年に、入院患者27人が本人の同意なく手術を受けさせられた可能性が高いことを示す文書が見つかったことが7日、県への取材で明らかになった。これまでに県が手術を受けたと確認したのは31人で、時期は69~72年度と80年代。新たな把握分となりそうだ。

 県立病院課などによると、病院の書庫から「優生手術」に関連する冊子2冊、計約300ページ分が見つかり…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文523文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです