東海第2原発

運転差し止め訴訟 20年度中に判決方針 地裁 /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本原子力発電東海第2原発(東海村)の運転差し止め訴訟で、原告弁護団は7日、水戸地裁(前田英子裁判長)が2020年度中に判決を言い渡す方針であることを明らかにした。原電は同年度中に対策工事を終える予定で、県や周辺市村が再稼働の可否を判断する前に司法判断が示される可能性がある。

 原告側弁護団によると、先月18日にあった非公開の進行協議で、前田裁判長は、新規制基準に基づく対策工事が完了すると見込まれる21年3月までに判決を言い渡す方針を明らかにし…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文562文字)

あわせて読みたい

注目の特集