メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

@大学

工学院大学・八王子商議所、「出前研究室」始める 市内中小企業に講義や技術相談 /東京

 工学院大学(新宿区)は、キャンパスのある八王子市の八王子商工会議所と共同で、教員や学生が市内中小企業に出向いて講義や技術相談をする「出前研究室」事業を今月から始めた。学生に地元企業の認知度を上げて就職活動の選択肢を広げてもらうとともに、企業側は課題解決力や新商品開発力、従業員らの人材育成力アップなどの効果を期待している。

     同大は昨年10月、同商工会議所と地域活性化や産学連携を推進する包括連携協定を結んでいる。今回の事業はそのモデル事業の一環。仲介役となる商工会議所が、企業側から要望を受け付けて同大に打診し、同大から派遣の可否の連絡を受けた後、派遣可能な場合は訪問日を調整し、教員や学生が企業に出向く仕組みだ。費用は無料。継続的に技術指導を受けたい場合や、共同研究・受託研究などに発展した場合は有料となる場合もある。

     産学連携を推進する同大電気電子工学科の鷹野一朗教授は「この事業が本学教員と地元企業との出合いの場となり、企業が抱える問題を解決するとともに、学生の就職意識の高まりや地元企業への就職につながれば」と話している。

     問い合わせ、申し込みは、出前研究室のホームページ(https://www.hachioji.or.jp/demae/)。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
    2. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
    3. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長逮捕 詐欺容疑で
    4. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
    5. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]