記念誌

川崎のNPO、中途視覚障害者へ手引き 自立生活に役立つ情報掲載 /神奈川

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 川崎市視覚障害者福祉協会が、創立70周年記念誌を発行した。人生半ばで目が不自由になった中途視覚障害者のため、暮らしの手引きをまとめている。

 同協会は視覚障害者の有志の会として1948年に発足。2009年にNPO法人になった。視覚障害者の自立と社会参加を目指して活動を続けている。

 記念誌はA4判61ページ。活動や沿革をまとめたほか、身体障害者手帳の取得の方法から、自立生活…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文468文字)

あわせて読みたい

ニュース特集