メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

強制不妊手術 真相究明を 障害者3人体験談 出産に反対/説明なく注射 富山で勉強会 /富山

自らの体験を語る(左から)福田文恵さん、中村薫さん、河上千鶴子さんと夫の四十物和雄さん=富山市五福の文福事務所で、青山郁子撮影

 旧優生保護法下で強制不妊手術が繰り返された問題で、障害者の自立支援活動を行うNPO法人「文福」(富山市五福、八木勝自理事長)は連続学習会「障害者の立場から『強制不妊手術』を考える-優生思想を軸に」をスタートした。5月にあった初回は、障害を理由に子宮摘出や中絶手術を勧められた3人の障害者が体験を語り、真相究明を訴えた。【青山郁子】

 ■福田文恵さん(57)=富山市、文福副理事長

この記事は有料記事です。

残り1027文字(全文1216文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです