伊賀市

南庁舎跡構想 図書館と観光施設を 「早急に」訴え 商議所会頭らが市へ提言 /三重

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「南庁舎跡の利活用に関する検討会」が提示した、伊賀市役所現庁舎跡を利用した複合施設のイメージ図=同会提供
「南庁舎跡の利活用に関する検討会」が提示した、伊賀市役所現庁舎跡を利用した複合施設のイメージ図=同会提供

 伊賀市の上野商工会議所など経済団体3団体は7日、市役所移転後の現庁舎(南庁舎)について、図書館と忍者体験施設など観光施設が入る複合施設にするよう、岡本栄市長と岩田佐俊・市議会議長に要望した。また同商議所などの代表7人で構成する「南庁舎跡の利活用に関する検討会」は複合施設のイメージ図を提出した。庁舎移転が来年1月に迫り、検討会は「市の一等地に建つ南庁舎を寂れた空き家にしないで」と訴える。【大西康裕】

 検討会の委員は、田山雅敏・商議所会頭▽広澤浩一・伊賀上野観光協会長▽柘植満博・市商工会長ら。

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文670文字)

あわせて読みたい

注目の特集