メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災

復興住宅明け渡し 西宮市長、和解姿勢示す 入居者4人と面談 /兵庫

面談の冒頭で入居者らにあいさつする兵庫県西宮市の石井登志郎市長=同市役所で、近藤諭撮影

 西宮市が阪神大震災の被災者向け借り上げ復興住宅「シティハイツ西宮北口」の入居者に建物明け渡しを求めている訴訟を巡り、石井登志郎市長が7日、市役所で入居者4人と面談した。石井市長は面談後に取材に応じ「和解に向けて一人一人と向き合って条件を探っていきたい」と和解に前向きな姿勢を示した。2015年9月の明け渡し期限以降、西宮市長が入居者と面談したのは初めて。

 面談は冒頭のみが公開され、石井市長は「市役所は住民に寄り添う立場にあるべきだ」と持論を述べた。また…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文498文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです