メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

土砂崩れ

教諭死亡 車巻き込まれ転落 安芸太田 /広島

土砂が崩落した広島県安芸太田町津浪の国道191号=同県提供

 6日午後8時ごろ、安芸太田町津浪の国道191号で、通行人から「土砂が崩れて道をふさいでいる」と110番通報があった。国道沿いの斜面が高さ約20メートル、幅約10メートルにわたって崩れ、脇を流れる太田川に転落した乗用車が見つかった。広島市消防局などが捜索し、7日午前5時ごろ、車から約200メートル下流で心肺停止状態の男性が見つかり、まもなく死亡が確認された。

 山県署によると、男性は安佐北区三入4、県立加計高教諭、政綱浩美さん(57)。マイカーで帰宅中、土砂崩れに巻き込まれたとみて調べている。広島地方気象台によると、現場周辺の6日夕までの24時間降水量は63・5ミリだった。

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文514文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 工事現場の足場から金属製パイプ落下 通行人2人が重軽傷 神戸

  2. 全高18m、動く「実物大」ガンダムがついに横浜に 12月19日オープン

  3. 「揚げ足取りばかり」「対案示さない」 野党に厳しい意見 毎日新聞世論調査

  4. 立憲 最高顧問に菅直人、野田佳彦両元首相 小沢一郎氏らは固辞

  5. 将棋 第79期名人戦A級順位戦 羽生善治九段ー佐藤天彦九段 第7局の2

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです