メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
マイクロプラスチック

微細プラの環境影響懸念 瀬戸内海で本格調査 弓削商船高専助教、漂着ごみを採集・分析 /愛媛

マイクロプラスチック分析のため、愛媛県上島町の弓削島で海水をくみ上げる森耕太郎助教(右端)と学生ら=2017年7月、弓削商船高専提供

 海に漂うプラスチックの微細なごみ「マイクロプラスチック」(MP)について、弓削商船高専の森耕太郎助教(33)=バイオエネルギー=は上島町を中心に瀬戸内海での採集と分析を本格化する。MPは世界各地で環境への悪影響が懸念されている。森さんは「直ちに瀬戸内海で環境への影響があるものではないが、これまでの研究例は少なく、定量分析に結びつけたい」と語る。【松倉展人】

 海洋ごみの約7割を占めるプラスチックごみのうち、MPはペットボトルや漁具、レジ袋などが時間をかけて…

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文640文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです