メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米首脳会談

安倍首相、拉致提起要請へ 「米朝」へ念押し

安倍晋三首相をホワイトハウスで出迎えるトランプ大統領=ロイター

 【ワシントン小山由宇、高本耕太】安倍晋三首相は7日昼(日本時間8日未明)、トランプ米大統領とワシントンのホワイトハウスで会談した。北朝鮮の非核化の実現に向け緊密に連携することや、北朝鮮が「具体的な行動」を起こすまで制裁を維持する方針を確認したい考えだ。会談の開始前、トランプ氏はホワイトハウスの玄関で安倍首相を出迎え、握手した。

 会談後、両首脳はそろって記者会見に臨む。米朝首脳会談を12日に控え、トランプ氏は「最大限の圧力」という言葉を使わず、北朝鮮への融和姿勢を示している。首相も米朝会談を成功させるため圧力を強調することは控える考えだ。一方で、非核化の約束だけでは、経済制裁の解除や経済援助は行わない方針で一致し、事実上は圧力路線が維持されていることを示したい考えだ。首相は、米朝首脳会談で拉致問題を提起するよう改めて要請…

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文845文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地村保さん死去 93歳 拉致被害者・保志さんの父

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 南スーダン五輪選手団に「燕の洋食器」プレゼント 紛争逃れ群馬で合宿中

  4. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  5. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです