メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
在日米軍再編

辺野古の埋め立て 8月にも土砂投入 防衛省

 防衛省は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設計画で、周辺海域の一部で行う埋め立て工事の期間や作業内容を週明けにも県に通知する。県赤土等流出防止条例に基づき、県の審査を経て、8月中旬にも土砂を投入したい考えだ。

 防衛省は昨年4月、辺野古の埋め立て予定区域を護岸で囲む工事を開始した。7月にも米軍キャンプ・シュワブの南側の一部区域で囲い込みが終わり、埋め立て準備が整う。

 県赤土等流出防止条例は国が埋め立て工事を行う場合は県への通知が必要と定めている。防衛省は5月29日…

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文615文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スコール疑似体験 「めっちゃ降ってびっくり」 福岡市植物園 /福岡

  2. 明石商、準決勝前にグラウンドで汗 「良い状態保てている」中森はマッサージでケア

  3. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

  4. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです