メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
南海トラフ巨大地震

損失、20年間で1410兆円 インフラ整備で縮小 土木学会試算

 土木学会は7日、南海トラフ巨大地震とそれに伴う津波による被害額は、発生後の国内総生産(GDP)の損失を含めると1410兆円に上るとの試算を公表した。地球温暖化の進展で懸念される台風に伴う巨大高潮の被害は、東京湾で110兆円、大阪湾では121兆円が見込まれるとした。

 同学会は、人命や財産への直接的な被害に加え、国民生活を長期的に低迷させる災害の被害額を試算。地震・津波の場合は、阪神大震災の経過を参考に発生後20年間のGDPの損失を推計し、首都直下地震は778兆円となった。単純比較はできないものの、政府の試算は南海トラフ巨大地震で220兆円、首都直下地震では95兆円で、大幅に上回る結果となった。

 報告書によると、南海トラフ巨大地震の被害額1410兆円の内訳は、破損する建築物などの資産価値から算…

この記事は有料記事です。

残り613文字(全文963文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 稲垣吾郎「今が一番充実してる」 目標問われ「テレビのお仕事も…」

  2. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 投打で圧倒、星稜24年ぶり決勝に名乗り 奥川10K 中京学院大中京、二塁踏めず

  5. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです