メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

サッカーW杯 日本の戦い 守備優先し経験生かせ=丹下友紀子(大阪運動部)

壮行試合のガーナ戦前半、ゴール前でディフェンスする(左から)長友佑都、山口蛍、長谷部誠の各選手。W杯では堅い守備が求められる=横浜・日産スタジアムで5月30日、宮間俊樹撮影

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会が14日に開幕する。6大会連続6回目出場の日本代表は5月31日にメンバー23人が決まり、現在は事前合宿地のオーストリアで調整を進めている。昨年9月に終わったアジア最終予選の後は苦戦が続く日本代表。私は、「面白くない」などというファンや関係者の批判をどれだけ浴びようとも、失点を避けて負けないことを優先する、堅実な戦い方に徹するべきだと思う。

この記事は有料記事です。

残り1822文字(全文2014文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです