メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

鉄鋼輸入制限 G7紛糾必至 トランプ氏、正当性主張へ

 【ウィリストン(米中西部ノースダコタ州)清水憲司】クドロー米国家経済会議(NEC)委員長は6日、日米欧の主要7カ国首脳会議(G7サミット)開幕を前に記者会見し、通商問題で「トランプ大統領は自分の信念を守るだろう」と明言した。トランプ大統領も7日、ツイッターに「貿易問題で米国のために戦う目的で、カナダのG7に向かう準備をしている」と投稿。「米国第一」の通商政策を推進する姿勢を鮮明にした。

 米国と日欧など6カ国の対立が深まる中、G7サミットは紛糾が必至の情勢だ。一方、「貿易戦争」への懸念…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  2. 大きな虹 福岡の空に
  3. 中国、ファーウェイを全面支援 官民一体で米に反発
  4. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  5. 日本、しびれ切らす 徴用工訴訟で仲裁委設置要請 冷え切る日韓関係

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです