メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

武藤芳照さん=「舞台医学」の普及を目指す

武藤芳照(むとう・よしてる)さん(67)

 整形外科の診察室で、ひざや腰の痛みを訴える俳優に聞いた。「ストレッチや筋トレはしていますか」。答えは「何のことですか?」。交響楽団のバイオリニストに同じ質問をすると、「芸術家ですから(しません)」。

 「舞台に立つ人はトップアスリート同様に体を酷使しているのに、メンテナンスをしていない。太鼓を演奏し続ければ、プロ野球の捕手のような血管・神経障害が起きる。ヒップホップダンサーは骨盤疲労骨折を起こしやすい。体系化した学問が必要だと考えた」

 ロサンゼルス五輪(1984年)から3大会にわたり水泳のチームドクターを務め、スポーツ医学の実践の基…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文676文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  2. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  3. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  4. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  5. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです