米朝首脳

歴史的会談 日朝協議への入り口に 田中均氏/安保枠組み、変化注視を 道下徳成氏

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

日朝協議への入り口に 日本総研国際戦略研究所理事長・田中均氏

 北朝鮮は1994年の米朝枠組み合意や2005年の6カ国協議での合意など過去にも非核化の意思は示してきた。ただ、今回は過去とは違い、6回の核実験を経て核兵器を完成させたのではないかという段階だ。(北朝鮮指導部の)相当に重大な決断がない限り難しい。

 米朝首脳会談では、北朝鮮が非核化の意思を明確にすることも重要だが、加えて意思表明が信頼できるものだという証しを北朝鮮側が示す必要がある。非核化は一挙にはできないので、大枠のロードマップ(行程表)も欠かせない。

この記事は有料記事です。

残り2703文字(全文2961文字)

あわせて読みたい

注目の特集