メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぷらすアルファ

「ママがいい」根拠なし 父親の育児は迷惑?

夫婦で子供にご飯を食べさせる家族。父親も手馴れた様子だ=川崎市川崎区で2018年6月2日午後3時51分、田村佳子撮影

ぷらすアルファ(α)

 「言葉の上で男も育児と格好いいことを言っても、子供には迷惑な話だ」--自民党の萩生田(はぎうだ)光一幹事長代行の発言が、議論を呼んでいる。父親の育児は子供にどのような影響があるのか、専門家に話を聞いた。

 ●増える「孤育て」

 川崎市で今月2、3日開かれた、子育て中の母親を応援するイベント「ハッピーママフェスタ」。会場には子供を抱いたりあやしたりする大勢の父親の姿があった。

 9カ月の双子の男児を連れた東京都大田区の男性会社員(35)は、妻(32)が産後の里帰りから自宅に戻って以来、おむつ替え、寝かしつけなど「バリバリ何でもやってきた」。妻が復職してからは、朝は夫婦で保育園に送り、夜はできるだけ早く帰って子供たちを入浴させる。父親が育児に関わるのは「当然のこと。子育ては母親だけがすることではないですよね」。

この記事は有料記事です。

残り1763文字(全文2129文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京メトロ東西線の線路上に支障物 一時全線運行見合わせ 飯田橋駅付近

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 「富士山ビュー特急」運転席でふれあい 富士急イベントに親子連れが参加 山梨

  4. ヘイトスピーチ反対運動続けた崔江以子さんらに人権賞 罰則条例制定に貢献 東京弁護士会

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです