米朝首脳会談

朝鮮戦争終結合意も トランプ氏

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は7日、12日にシンガポールで開かれる史上初の米朝首脳会談で、朝鮮戦争(1950~53年)の終結を宣言する合意文書に調印する案について「可能性がある。検討しており、先方とも協議している」と明らかにした。さらに、合意調印は「最初のステップで、合意後のことが重要だ」と指摘した上で、「(非核化などを含め)すべてが片付いた時点で国交正常化することを望んでいる」と述べた。

 安倍晋三首相との日米首脳会談後、ホワイトハウスで開いた共同記者会見で語った。トランプ氏は「朝鮮半島の非核化は南北朝鮮をはじめ、すべての人々を繁栄と安全、平和の新時代に導く」と非核化への意欲を改めて表明。「いつでも席を立つ準備はある」として、北朝鮮の対応次第で協議を打ち切る考えを示す一方、「その必要がないことを願っている。金正恩(キム・ジョンウン)(朝鮮労働党委員長)も素晴らしいことを成し遂げたい…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文695文字)

あわせて読みたい

ニュース特集