メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外コービー・ブライアント氏墜落死 元NBAスター
京大立て看板

4回目の撤去に抗議の人間立て看

京都大吉田キャンパス本部敷地の南側で、立て看板撤去に抗議し、座り込みをする卒業生=京都市左京区で2018年6月7日、菅沼舞撮影

 京都大は7日、吉田キャンパス(京都市左京区)の本部敷地南側正門付近と、北西の百万遍交差点に面した石垣に設置されていた立て看板などを撤去した。規制に基づく強制撤去は4回目。京大は撤去枚数を明らかにしていない。

 京大は先月31日、百万遍交差点に面した北西角にあった立て看板を撤去したが、すぐに大学当局を批判する貼り紙が貼られ、さらに6日まで…

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文424文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  3. 副業に励む医学部教授ら 国公立の15人に製薬マネー1000万円超 18年度

  4. 亡き2人にささげる初優勝 徳勝龍、恩師は近大時代の監督と北の湖

  5. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです