メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オニテナガエビ

“海なし県”で養殖成功 釣り堀開設へ

独自のろ過システムを説明する今村秀樹社長=山梨県甲斐市富竹新田の研究所で、2018年6月1日、野呂賢治撮影

 水質管理などの面から難しいとされるオニテナガエビの養殖を甲府市の人材派遣会社「ヒューネクト」の今村秀樹社長(47)が独自のろ過システムを構築し、成功させた。オニテナガエビは30センチほどに成長し、食味も良いといい、今村社長は「甲州鬼えび」の名称で売り出す方針。今秋には甲府市近郊の温泉街に釣り堀を開く計画で、将来的には年間20万匹を出荷することを目標にしている。【野呂賢治】

 オニテナガエビは東南アジアに生息し、30センチ以上の大きさに成長する。汽水域で生まれ、淡水で育ち、…

この記事は有料記事です。

残り730文字(全文968文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. 社説 河野外相の記者会見発言 「次の質問」という傲慢さ
  4. 「自分に感情が無ければ…」父殺害の元少年、面前DVを告白
  5. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです