メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小笠原諸島

カタツムリ危機的状況 天敵の外来生物が捕食

野生のチチジマカタマイマイ=父島南部で千葉聡・東北大教授提供

 29日に世界自然遺産登録から7年を迎える小笠原諸島(東京都小笠原村)の父島で固有のカタツムリが危機的状況にある。天敵の外来生物が原因で生息数を減らし、「カタマイマイ」野生種5種のうち4種は絶滅、残る1種もほぼ姿を消した。小笠原のカタツムリは自然遺産の登録審査で希少性などが高い評価を受けた。環境省などは今夏、人工繁殖したカタツムリを島に返す計画作りを始める。

 最後まで残ったチチジマカタマイマイは林の地面にすみ、体長約2.4センチ。父島南部と父島沖の無人島・…

この記事は有料記事です。

残り762文字(全文992文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立てこもり 刃物?持った男が代々木の居酒屋で
  2. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  3. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  4. アイス ピノがCMをやめた理由
  5. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]