メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

有明海

アゲマキ漁、22年ぶり再開 生息数回復で解禁

取れたアゲマキを手に表情を緩ませる漁師たち=佐賀県鹿島市で2018年6月8日、池田美欧撮影

 佐賀県鹿島市沖の有明海で8日、かつて特産として知られた二枚貝「アゲマキ」の漁が22年ぶりに再開した。絶滅の危機にひんして休漁状態となっていたが、生息数が回復したため解禁された。再開を待ちわびていた漁師たちは、干潟の巣穴から次々とアゲマキを掘り起こしていった。

 アゲマキは、河口近くの干潟に生息し、有明海ではピーク時の1988年には776トンの漁獲量を誇った。バター焼きや塩焼き、煮物として…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. マンモス細胞核に生命現象 分裂初期の動きを観察
  3. 事故 バイク3台転倒、男女6人死亡2人重傷 奈良の国道
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです