G7

トランプ氏、正当性主張へ 鉄鋼輸入制限、難航必至

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ウィリストン(米中西部ノースダコタ州)清水憲司】クドロー米国家経済会議(NEC)委員長は6日、日米欧の主要7カ国首脳会議(G7サミット)開幕を前に記者会見し、通商問題で「トランプ大統領は自分の信念を守るだろう」と明言した。米国と日欧など6カ国の対立が深まる中、G7サミットは紛糾が必至の情勢だ。一方、「貿易戦争」への懸念から、米議会の超党派議員は大統領の関税発動権限を制約する法案を提出した。

 トランプ政権は1日、鉄鋼・アルミニウム製品の輸入急増が「国家安全保障上の脅威」として、日本などに続き、欧州連合(EU)やカナダ、メキシコにも追加関税を発動。サミット準備会合として先週末に開かれたG7財務相・中央銀行総裁会議では、議長国のカナダが米国を名指しで批判する議長総括を出すなど、日本など6カ国と米国の対立が深まっている。8日開幕するサミットでも通商問題が主要議題になるが、トランプ大統領は鉄…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文822文字)

あわせて読みたい

注目の特集