メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝会談

「ボルトン外し」か同行か 当日台湾派遣説も

ボルトン氏=AP

 【ワシントン高本耕太】12日に迫った米朝首脳会談に向け、トランプ米大統領が北朝鮮との友好ムードを前面に押し出すなか、対北朝鮮強硬派、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の動向が注目されている。首脳会談に同席するためシンガポールに同行するとの報道がある一方、北朝鮮代表団を刺激しないよう会談に参加せず、代わりに同じ日に台湾で開かれる米国代表機関事務所の完工式に出席するとの見方まで浮上している。

 米ブルームバーグ通信は5日、米朝首脳会談が開かれるシンガポールへの米側代表団に、ポンペオ国務長官や…

この記事は有料記事です。

残り630文字(全文881文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです