メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大沼山形本店

ジャンプ金の船木選手がアップルパイ販売

ジャンパー育成のためにアップルパイを販売する船木和喜さん=山形市の大沼山形本店で2018年6月7日、松尾知典撮影

 1998年長野五輪のスキージャンプ金メダリスト、船木和喜選手(43)が、大沼山形本店(山形市七日町)で10日まで開催中の「第8回全国うまいものグランプリ」に出店し、店頭でアップルパイ(税込み1200円)などを販売している。売り上げの一部を競技に励む小中学生の選手育成に充てており、船木さんは「山形にもジャンプに取り組む小中学生がおり、ぜひ協力してほしい」と話す。

     船木さんは現役を続ける傍ら、10年ほど前から食品の販売を始め、山形での出店は昨年に続いて2度目。出身地の北海道余市町産のリンゴを使ったパイは直径約13センチあり、店頭で触れることができる長野五輪の金メダルの重さとほぼ同じという。

     「うまいものグランプリ」は全国約40店のブースが並ぶ。午前10時~午後6時半(最終日は午後5時)。問い合わせは大沼山形本店(023・622・7111)まで。【松尾知典】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
    2. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
    3. 子育て世帯 平均年収683万円 5年前より86万円増
    4. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」
    5. 名人戦 佐藤が3連覇 4勝2敗で羽生降す

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]