メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歯ブラシ

月に1度は交換 開いた毛先、歯垢除去率4割減

寝る前の歯磨きをする男児=稲田佳代撮影

 6月4~10日は「歯と口の健康週間」だ。今年の標語は「のばそうよ 健康寿命 歯みがきで」。歯周病など口の中の病気が、脳や心臓など全身の病気の一因になることが知られるようになり、今まで以上に歯磨きの重要性が注目されるようになった。しかし1カ月以上、同じ歯ブラシを使い続けると、歯垢(しこう)を落とす効果が低下するという。せっせと歯磨きをしたのに、汚れが落ちていないなんて--。そんなことにならないよう、1カ月に1度は歯ブラシの交換を習慣にしよう。

 歯垢は、歯の表面や歯間などに付着する細菌の塊のこと。細菌は酸を生成し、歯のエナメル質や象牙質を破壊…

この記事は有料記事です。

残り779文字(全文1052文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青森4人死亡 被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定
  2. 愛媛県 養殖ブリの餌にチョコ 抗酸化、鮮やかな色保つ
  3. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  4. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです