メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

厚労省

課徴金制度の検討開始 バルサルタン再発防止策

 製薬会社が虚偽・誇大広告などの不当な方法で医薬品の販売を拡大することがないよう、厚生労働省は収益の一部を取り上げる課徴金制度導入の検討を始めた。製薬大手ノバルティスファーマの降圧剤「バルサルタン」(商品名ディオバン)で、データが改ざんされた臨床研究結果が販売促進に使われた事件の再発防止を図る。

 厚労省の部会で7日、議論が始まった。来年の通常国会での医薬品医療機器法(薬機法)改正を目指す。

 バルサルタンの臨床研究をめぐる疑惑では、データ改ざんされた論文を同社が宣伝に利用していた。元社員が…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文502文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 夏の高校野球 個の力に頼らない強さ 大阪桐蔭
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです