福岡地裁

性犯罪被害者の女性氏名、被告が叫び退廷

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
福岡地裁
福岡地裁

強制性交等未遂罪 起訴状で把握

 福岡地裁で7日にあった、強制性交等未遂罪に問われた男(45)の公判で、男が繰り返し被害女性の氏名を叫んで侮辱し、退廷させられた。性犯罪などでは被害者名を被告に伏せる運用も可能だが、被告の反論する権利との兼ね合いから実際は限られ、今回のケースは男に女性の氏名が記された起訴状が送達されていた。男の発言を知った女性は不安を抱いているといい、被害者保護の難しさが浮き彫りになった。

 起訴状によると、男は今年1月、福岡市内で、女性にハサミを突きつけて「騒いだら殺すぞ」と脅し、性的暴行をしようとしたとされる。女性が通行人に助けを求めたため未遂に終わった。

この記事は有料記事です。

残り637文字(全文926文字)

あわせて読みたい

ニュース特集