メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フェデックス・セントジュード・クラシック

[速報]パワーが5アンダー単独首位発進(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

フェデックス・セントジュード・クラシック 初日

PGAツアー第32戦 フェデックス・セントジュード・クラシック/テネシー州 TPCサウスウインド

 メンフィス(オハイオ州)で開幕したフェデックス・セントジュード・クラシック。日本人選手は出場していない。初日終了時点で首位に立ったのはシーマス・パワー(アイルランド)。5アンダー65(パー70)でプレーし、後続に1打差をつけた。

MORE:フェデックス・セントジュード・クラシックの最新スコアはここをクリック!

 パワーは現地時間の8時30分に1番ホールからスタート。1番パー4でバーディを先行させ、3番パー5でもバーディを加えたが、4番パー3をボギーとした。その後、5番パー4でバーディを取り返し、前半を2アンダーで折り返した。

 後半に入ると、11番パー3と16番パー5でバーディを加えた後、最終18番パー4もバーディで締めくくった。

 結局、この日のスコアは6バーディ、1ボギーの5アンダー65。後続に1打差をつけて単独首位に立った。

次週の全米オープンでキャリアグランドスラム達成を狙うフィル・ミケルソン(左)が、首位と1打差の4アンダー2位タイ Photo by Stan Badz/PGA TOUR

 首位と1打差の4アンダー2位タイに、フィル・ミケルソン(米国)やブルックス・ケプカ(米国)など11人が並んだ。

 首位と2打差の3アンダー13位タイに、出場選手の中で世界ランキング最上位(2位)のダスティン・ジョンソン(米国)ら10人が続いている。

 大会3連覇を狙うダニエル・バーガー(米国)は、5バーディ、5ボギーのイーブンパー70でプレー。首位と5打差の56位タイ発進だった。


情報提供:PGA Tour

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  5. マレーシア、プラごみ日米仏など13カ国に送り返す 不法輸入の3737トン

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです