メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シンポジウム

多様性ある大学へ、教授ら議論 ハラスメント対策や障害者対応など 京都

大学内のハラスメントを巡って議論を交わした大学教員たち=京都市南区で2018年6月3日、須藤唯哉撮影

 大学内でのハラスメント(嫌がらせ)やダイバーシティー(多様性)について、現役の大学教授らが意見を交わすシンポジウムが3日、京都市南区の京都テルサで開かれた。反セクハラ運動「#MeToo」など国内外でハラスメントに対する意識が高まる中、多角的な視点から大学のあり方を考えた。

 立命館大の大谷いづみ教授は、研究実績報告書にある業績を無断で削除するなどの嫌がらせ行為をした同僚教員を提訴、一部勝訴した自身の経験を踏まえて話した。「加害者が教員で、被害者が学生や院生だったら事態はもっと深刻になる。被害者ケアと加害者更生の制度化が必要だ」と訴えた。

 大谷教授はポリオによって両足に障害があることから、議論は障害を抱える教員についても。障害がある小中…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文735文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. 記者不明 「殺害の証拠発見」AP報道 サウジ総領事出国
  3. KYB 「建物、震度7にも大丈夫」 データ改ざんで検証
  4. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  5. バイク6人死亡 大型二輪免許なし 道交法違反容疑も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです