メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

是正勧告

中央病院に 手続きせず協定超え残業 盛岡労基署 /岩手

 盛岡市上田1の県立中央病院が、必要な手続きをせずに時間外労働に関する労使協定(36協定)の上限を超える残業を職員にさせたなどとして、盛岡労働基準監督署から是正勧告を受けていたことが分かった。勧告は4月16日付。

     県医療局によると、同病院の協定では、残業時間が医師は月45時間、看護師や事務職員らは月20時間を超える場合、病院からの事前通告が必要となる。中央病院は手続きを取らずに職員に残業をさせていた。また、36協定を超えた休日労働▽医師の超過勤務手当が計算間違えで不足--など計6項目で是正勧告を受けた。

     2017年3月に労基署が立ち入り調査を実施。6月20日までに是正報告の提出が求められる。県医療局職員課の三田地好文総括課長は「勧告を真摯(しんし)に受け止め、病院と医療局が連携して改善に向けた取り組みを進めたい」と話している。

     再発防止のため、全ての県立病院などに協定内容を確認するよう文書で通知した。県立病院では、16年に宮古病院が是正勧告を受けている。【藤井朋子】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS インスタグラマー・香取慎吾、稲垣吾郎に気を遣うSNS上の意識変化明かす
    2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
    3. リュウグウ あと100キロ 「コマ型」最新の画像公開
    4. ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」がテレビアニメ化 10月放送開始
    5. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]