メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

子育て世代の移住促進 初の支援住宅完成 モデルハウスきょうから公開 いわき・豊間地区 /福島

 東日本大震災の津波で大きな被害が出たいわき市平豊間地区で、子育て世代の移住促進を目指す住民組織「ふるさと豊間復興協議会」が支援した初の住宅が完成し、9日からモデルハウスとして公開される。16日まで。

 移住第1号は、同市内郷地区の大内翔太さん(30)、仁美さん(28)夫妻。60年の定期借地で338平方メートルを借り、木造2階建て4LDKを新築した。ロフトやテラス、ウッドデッキも備えた広々とした造りで、生後11カ月の長女と暮らす。豊間出身の仁美さんは「海が近く、やさしいお年寄りのいる豊間で子育てしたいと考えた。専門家に一から相談に乗ってもらい、自慢の家ができた」と話す。

 豊間のまちづくりを支援し、今回の企画に協力する茨城県のNPO法人「美しい街住まい倶楽部」の佐藤俊一…

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文860文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 新東名高速の6車線化が決定! 渋滞もしていないのに900億円をかけて実施する理由とは
  2. ORICON NEWS 女性描くリアルな “油絵”がSNSで反響「興味のない人にも届けたい」
  3. みなとみらいにロープウエー 20年開業目指す 桜木町駅と運河パーク結ぶ
  4. カルビー 加熱すると…ポテチ出火 販売中止
  5. 駅弁「かにめし」車内販売終了へ 鉄道ファンから惜しむ声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです