メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認知症徘徊

地域で高齢者見守りあい 早期発見システム活用 横浜・南日吉商店会、普及に尽力 /神奈川

 互助扶助の気持ちと情報通信技術を使って認知症で徘徊(はいかい)するお年寄りを早期発見するシステムの普及に、横浜市港北区の南日吉商店会(小嶋純一会長)が協力している。商店街を中心に地域が主体となった高齢者の見守りの輪が広がっている。【石塚淳子】

 システムは、一般社団法人「セーフティネットリンケージ」(札幌市、高原達也代表理事)が開発した。緊急連絡用のステッカーと電話の転送技術、捜索に協力するためのスマートフォンのアプリで構成される。コストをかけずに地域の力でお年寄りの徘徊の問題を解決するのが狙いだ。

 ステッカーは縦2・2センチ、横4・2センチで、フリーダイヤルとID番号が書かれ、服やつえなどに縫い…

この記事は有料記事です。

残り824文字(全文1126文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. TOKIO写真「SNSいいの?」 安倍首相が私的な会食アップ 賛否飛び交う  
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 吉川友梨さん行方不明から16年 母になった同級生の思い
  5. ニッポンへの発言 キーワード 山口真帆さんへ=中森明夫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです