メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

労基法違反

縫製会社社長を容疑で書類送検 /岐阜

 岐阜労働基準監督署は8日、岐阜市の婦人服縫製会社「坂口縫製」を経営する男性(40)を最低賃金法違反と労働基準法違反の容疑で岐阜地検に書類送検した。

     送検容疑は昨年7月11日~9月4日、カンボジア国籍の技能実習生の女性9人(20~30代)に、県の最低賃金額(当時、時給776円)以上の賃金を払わず、また時間外労働や深夜労働に対し通常賃金の25%の割増賃金を支給しなかったとしている。8月1日~9月4日に49時間30分の時間外労働をさせたとしており、容疑を認めているという。【横田伸治】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 遭難父子 遺体発見 沢で寄り添うように 新潟の山中
    2. 加計と日大問題 似た構図、丸山真男の「無責任の体系」か
    3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
    4. 選挙 立川市議選 新議員28人決まる /東京
    5. JR大宮駅 駅員の胸たたいた容疑 世田谷区の女職員逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]