メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

湖国の人たち

彦根から優しさの輪 内部障がいに理解を ヘルプマークを全国へ 音瀬伊都子さん(45)=彦根市 /滋賀

「ヘルプマークのことをもっと知ってほしい」という音瀬伊都子さん=滋賀県彦根市で、西村浩一撮影

 外見からはわからない体の障がいや難病を抱える人がいざというときのために身につけるヘルプマーク。彦根市の音瀬伊都子さん(45)は自身もそんな内部障がいを抱えながら、全国的な普及活動に取り組んでいる。「マークをきっかけに助け合いが普通の世の中になってほしい」。彦根から全国へ優しさの輪が広がっている。【西村浩一】

この記事は有料記事です。

残り1223文字(全文1378文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです