メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

湖国の人たち

彦根から優しさの輪 内部障がいに理解を ヘルプマークを全国へ 音瀬伊都子さん(45)=彦根市 /滋賀

「ヘルプマークのことをもっと知ってほしい」という音瀬伊都子さん=滋賀県彦根市で、西村浩一撮影

 外見からはわからない体の障がいや難病を抱える人がいざというときのために身につけるヘルプマーク。彦根市の音瀬伊都子さん(45)は自身もそんな内部障がいを抱えながら、全国的な普及活動に取り組んでいる。「マークをきっかけに助け合いが普通の世の中になってほしい」。彦根から全国へ優しさの輪が広がっている。【西村浩一】

この記事は有料記事です。

残り1223文字(全文1378文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 十三人の刺客

  2. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  3. 「半年後、生きているだろうか?」医療者に忍び寄る不安 職員3割が「燃え尽き症候群」

  4. 大阪府の感染状況は「緊急事態宣言級」 専門家が憂う最悪の事態とは

  5. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです