メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

湖国の人たち

彦根から優しさの輪 内部障がいに理解を ヘルプマークを全国へ 音瀬伊都子さん(45)=彦根市 /滋賀

「ヘルプマークのことをもっと知ってほしい」という音瀬伊都子さん=滋賀県彦根市で、西村浩一撮影

 外見からはわからない体の障がいや難病を抱える人がいざというときのために身につけるヘルプマーク。彦根市の音瀬伊都子さん(45)は自身もそんな内部障がいを抱えながら、全国的な普及活動に取り組んでいる。「マークをきっかけに助け合いが普通の世の中になってほしい」。彦根から全国へ優しさの輪が広がっている。【西村浩一】

この記事は有料記事です。

残り1223文字(全文1378文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  4. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  5. 夫「大切な2人失ってつらい」 池袋暴走、母娘の告別式

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです