メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

湖国の人たち

彦根から優しさの輪 内部障がいに理解を ヘルプマークを全国へ 音瀬伊都子さん(45)=彦根市 /滋賀

「ヘルプマークのことをもっと知ってほしい」という音瀬伊都子さん=滋賀県彦根市で、西村浩一撮影

 外見からはわからない体の障がいや難病を抱える人がいざというときのために身につけるヘルプマーク。彦根市の音瀬伊都子さん(45)は自身もそんな内部障がいを抱えながら、全国的な普及活動に取り組んでいる。「マークをきっかけに助け合いが普通の世の中になってほしい」。彦根から全国へ優しさの輪が広がっている。【西村浩一】

この記事は有料記事です。

残り1223文字(全文1378文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  3. 時の在りか 小池都知事再選を危ぶむ=伊藤智永

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです