メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全日本登山大会

京都で初 比叡山-大原など、全3コース 17日 /京都

 第57回全日本登山大会京都大会が17日、京都市内と周辺で開かれる。公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会主催、府山岳連盟主管。三つのコースを設定しており、約4時間かけて散策する。

     全日本登山大会は、安全登山と環境を守る心を養うことを目的に開催しており、京都では初めて。コースは京都市街地を取り囲むように整備されている「京都一周トレイル」の一部で(1)伏見稲荷-清水寺(2)比叡山-大原(3)苔(こけ)寺-清滝。集合は(1)京阪伏見稲荷駅前公園(2)叡山ケーブル八瀬駅乗り場(3)苔寺正門先の林道入り口。いずれも午前8時半~9時半受け付け。30人程度で1グループを構成し、府登山連盟のガイド5、6人が同行する。

     関連して16日は亀岡市の「ガレリアかめおか」で、アウトドア用品メーカーのモンベル会長、辰野勇さんの講演のほか、登山家らが参加してのシンポジウムがある。

     いずれも事前申し込み不要。参加無料だが、(2)のコースのケーブル料金は実費必要。問い合わせは府山岳連盟事務局長の加藤さん(090・2355・2551)。【今西拓人】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 地震 大阪府北部で震度6弱
    2. 大阪震度6弱 M6.1 3人死亡91人けが
    3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
    4. 大阪震度6弱 「有馬-高槻断層帯」近くで発生 気象庁
    5. 大阪震度6弱 携帯電話通じにくく コンビニで通信障害も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]