メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都観察いま・むかし

八木先生の覚え書き/45 「隔離反対」支えた親鸞の教え 小笠原博士とハンセン病 /京都

 京都大医学部はあまたの名医・研究者を輩出してきましたが、その中からあえて一人に限定して推挙するならば、医療と差別問題の社会学を専攻してきた筆者としては、まったく躊躇(ちゅうちょ)することなく故小笠原登博士の名前を挙げたいと思います。ハンセン病「絶対隔離・断種」の国策に反対し、ために学会からも“邪説”を説くものとして葬り去られながら、戦前戦後を通じ、徹して病者の側に立って研究と診療を続けた医師です。

 登は父・篤實の次男(戸籍上は三男)として1888(明治21)年、愛知県あま市の真宗大谷派・円周寺に…

この記事は有料記事です。

残り2050文字(全文2301文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです