メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「焼肉ドラゴン」 家族の絆描く 姫路出身・鄭監督、初の長編 試写&トークショー /兵庫

トークショーで会場からの質問に答える鄭義信監督=兵庫県姫路市駅前町のアースシネマズ姫路で、待鳥航志撮影

 姫路市出身の劇作家で映画監督、鄭義信(チョンウィシン)さん(60)が長編映画で初めてメガホンを取った作品「焼肉ドラゴン」の上映が22日から全国で始まる。7日夜にアースシネマズ姫路(姫路市駅前町)で試写会と鄭義信監督のトークショーが開かれ、約160人が劇場に詰め掛けた。

 作品は1970年ごろの関西を舞台に、焼き肉店を営む…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文404文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不適切投稿 「最高裁決定にがくぜん」岡口裁判官が会見
  2. ORICON NEWS ジェジュン、2回目の『Mステ』は憧れのHYDEと一緒
  3. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  4. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  5. 辺野古移設 対話拒否に沖縄怒り 政府が対抗措置

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです