メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県立高再編

30校に 奈良、平城跡地に移転 県教委 /奈良

再編対象となった平城高校の校舎。計画では、ここに奈良高が移転する=奈良市で、大西咲子撮影

 県教委は8日、現在33校ある県立高校を30校に再編する具体的な計画を決め、公表した。西の京、平城、登美ケ丘の普通科3校を2校に再編し、耐震化が必要な奈良を平城の跡地に移転する。大淀と吉野、大宇陀と榛生昇陽はそれぞれ統合する。【大西咲子】

 県教委は4月に再編の大まかな方向性を示す「推進方針」を策定。その後、3回の教育委員会臨時会で、具体的な対象校を含む実施計画を検討してきた。

 奈良市内の普通科では、県立高トップの進学校でブランド力がある奈良を残す一方、西の京、平城、登美ケ丘…

この記事は有料記事です。

残り1401文字(全文1640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです