メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県立高再編

30校に 奈良、平城跡地に移転 県教委 /奈良

再編対象となった平城高校の校舎。計画では、ここに奈良高が移転する=奈良市で、大西咲子撮影

 県教委は8日、現在33校ある県立高校を30校に再編する具体的な計画を決め、公表した。西の京、平城、登美ケ丘の普通科3校を2校に再編し、耐震化が必要な奈良を平城の跡地に移転する。大淀と吉野、大宇陀と榛生昇陽はそれぞれ統合する。【大西咲子】

 県教委は4月に再編の大まかな方向性を示す「推進方針」を策定。その後、3回の教育委員会臨時会で、具体的な対象校を含む実施計画を検討してきた。

 奈良市内の普通科では、県立高トップの進学校でブランド力がある奈良を残す一方、西の京、平城、登美ケ丘…

この記事は有料記事です。

残り1401文字(全文1640文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  2. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  3. 体長3.4mダイオウイカ死骸 河口に 島根・浜田
  4. クックパッドニュース ウソ⁉「マシュマロ」が◯◯するだけで“マカロン”風に大変身☆
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです