メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大阪府北部で震度6弱 津波の心配なし
津山の女児殺害

「死刑恐れ、うその供述」 容疑者が意見陳述 /岡山

送検される勝田州彦容疑者=岡山市北区で2018年5月31日、幾島健太郎撮影

 津山市で2004年9月、小学3年の筒塩侑子(つつしおゆきこ)さん(当時9歳)が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された勝田州彦(くにひこ)容疑者(39)の勾留理由開示手続きが8日、岡山簡裁(小林正明裁判官)であった。勝田容疑者は、弁護人の質問に答える形で意見陳述。県警の取り調べには侑子さんを刺したことを認めていたが、「死刑が怖くなり、あえてうその供述をした」と殺害行為を否認した。

     小林裁判官は勾留の理由について「逃亡の恐れがある」などと説明した。

     勝田容疑者は、別の殺人未遂事件で収監中だった昨年9月以降、逮捕された今年5月30日までに県警の任意聴取を十数回受けるなどした。弁護人はこの日の意見陳述で、「弁護人不在の状況で、任意捜査の限界を超えている」とし、違法な捜査だったと訴えた。【益川量平、戸田紗友莉】

    主な一問一答

     --被害者に対して殺害行為を行ったことはあるか。

     勝田容疑者 ありません。

     --報道によると、逮捕後、(取り調べに対して)「被害者を刃物で刺した」と供述した。殺害行為をしていないのにどうして言ったのか。

     容疑者 6月1日の弁護士との接見で、死刑になる可能性を言われた。6月2日、死刑が怖くなり、認めれば死刑にならないと考え、あえてうその供述をした。

     --報道によると、「刃物を捨てた」と出ている。どうしてその話が出てきたのか。

     容疑者 適当に答えた。

     --刃物の種類は。

     容疑者 知っている刃物の種類を答えた。

     --刺し方について話しているようだが。

     容疑者 適当に言った。

     --(逮捕前の)取り調べを断れることを知っていたか。

     容疑者 知らなかった。

     --弁護士と相談したことは。

     容疑者 ありません。

     --なぜ。

     容疑者 知らなかった。(誰も)教えてくれなかった。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
    2. 地震 大阪府北部で震度6弱
    3. 新潟県立高 女子の男子いじめ動画 ネット拡散 批判殺到
    4. JR大宮駅 駅員の胸たたいた容疑 世田谷区の女職員逮捕
    5. 高校バスケット 審判に暴行映像、SNSで一気に広まる

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]