メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三角縁神獣鏡

現物発見 100年前の絵図のみで確認 甘木歴史資料館で来月3日から公開 /福岡

 朝倉市の甘木歴史資料館は8日、同市平塚地区から出土したとされ、100年以上前に描かれた絵図のみで知られていた三角縁神獣鏡の現物を発見したと発表した。古墳時代初頭の平塚地区に首長墓が存在したことを示す重要資料だとして、7月3日から同館で開く企画展「平塚川添遺跡と邪馬台国の時代」で公開する。

 鏡は福岡市内の旧福岡藩士の家で見つかった。下座郡平塚村大願寺付近の古塚から出土したとする1884年の鑑定書の写しが添えられており、今年3月、市に寄贈された。

 国学者の大倉種教による筆書本「小図小言」(1913年)に下座郡平塚大願寺塚から出た鏡の半分を写した…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文660文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  2. 鳥栖・中1いじめ 謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」
  3. 絶滅危惧種 シダ植物自生地ほぼ壊滅 公益財団法人が伐採
  4. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  5. 欧州ニュースアラカルト サマータイム EUは廃止の是非を検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです