メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G7

カナダで開幕 「通商」紛糾必至 米VS6カ国

 【ケベック(カナダ)土屋渓】主要7カ国首脳会議(G7サミット)が8日、カナダ東部シャルルボワで開幕した。トランプ米政権の輸入制限措置に米以外の6カ国が反発しており、通商問題を巡る議論は紛糾しそうだ。北朝鮮の非核化では、米朝首脳会談の成功に向けて米国を後押しする方針を確認する。

 初日は世界経済や北朝鮮問題を議論する。米国は日本などに続き、欧州連合(EU)やカナダに対し鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限を発動。EUとカナダは7月から米国産品に対抗関税を課す方針で、米国と6カ国の溝が深まっている。

 議長国カナダのトルドー首相は通商問題を主要議題にする方針で、9日の閉幕時の採択を目指す首脳宣言のと…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです