メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の半島情勢

直前の駆け引き/下 中韓、商機に浮足立ち 制裁解除、期待が先行

南北をつなぐ「新経済地図」の課題や経済効果について分析する金融関係者ら=ソウル市ヨイドのホテルで2018年5月29日=聯合infomax提供

 米朝首脳会談の行方を、固唾(かたず)をのんで見守るのが、北朝鮮に隣接する韓国と中国だ。両国の関係者は米朝関係改善後のビッグビジネスを逃すまいと、浮足立っている。

 文在寅(ムンジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長による2度目の首脳会談直後の5月29日、ソウルの金融街、汝矣島(ヨイド)。ある一流ホテルの大会議場に、金融関係者約300人が集った。横断幕には「朝鮮半島 新経済地図と金融」。「新経済地図」は、4月の首脳会談の際に文氏がUSBメモリーで金氏に資料を渡した南北をつなぐ経済ベルト建設構想だ。聯合ニュースによると、政府の金融委員会の崔鍾球(チェジョング)委員長は報告で「南北が一つの市場になり、活路を切り開く重要な課題だ」と力説。「南北経済協力が拡大すれば経済効果は推定550億ドル(約6兆円)」と期待感を示した。

 もちろん構想が動き出すのは北朝鮮が「完全な非核化」を実行に移し、国連などの経済制裁が解かれた後の話だ。だが受け身で条件が整うのを待っているわけではなさそうだ。文氏は5月31日、青瓦台(大統領府)の国家財政戦略会議で「南北経済協力の本格化に備え、半島の新経済地図を支える準備に入る必要がある」と予算確保を指示した。

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文1319文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相の被爆地あいさつ「文面が酷似」と怒りの声 官邸HP掲載の全文と同じ構成・表現

  2. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  3. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  4. 悼む 拉致被害者・横田めぐみさんの父 横田滋さん=6月5日死去・87歳

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです