メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
200年以上前に作られたという懐中時計を手に、「修理は、その時代の職人の技と向き合う作業。ワクワクしてたまらない」と話す日本時計師会会長の山田喜久男さん=東京都中央区で

 地域に根差した老舗時計小売店が、高齢化などで年々減りつつある。あるところは後継者不在で廃業を決め、また、あるところは職場を超えて若手の育成に努める。10日は「時の記念日」--。

 「参ったよ。時計を貸してとは……」

 さいたま市浦和区の老舗「まつもと時計店」の店主、松本光司さん(76)は、そう言って頭をかく。今年2月。見知らぬ男子高校生が「受験で使うので時計を貸してほしい」と突然、店を訪ねてきた。聞けば大学入試の直前で、筆記試験中に自席で時間を確認したいのだという。彼は「ふだんはスマートフォンがあるけど、試験中は出せないから」とも付け加えた。松本さんは、あっけにとられながらも丁重に断ったそうだ。「時代は変わったねえ」

この記事は有料記事です。

残り1702文字(全文2013文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  4. 衝突した車の運転男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼炎上事故2人死亡

  5. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです