連載

創作の原点

芸術・文化の世界で活躍する著名人の方々に、それぞれの「創作の原点」を聞いた。

連載一覧

創作の原点

映画カメラマン・監督 木村大作さん 現場で学んだ黒澤イズム

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
=東京都千代田区の東宝本社で、根岸基弘撮影
=東京都千代田区の東宝本社で、根岸基弘撮影

 かつてのスタジオシステムの中で育った残り少ない映画カメラマンであり、映画監督でもある木村大作さん(78)は「散り椿」(9月28日全国公開)で、自身3度目の監督に挑んだ。葉室麟さんの時代小説を原作とした今作では、岡田准一さん演じる剣豪らによる殺陣のシーンなどに、若かりし頃に撮影助手として仕えた黒澤明監督の映画づくりの神髄を込めた。

 東宝に撮影助手として入社してすぐに、黒澤監督の「隠し砦の三悪人」(1958年)の撮影現場に放り込まれた。「たたずまいに迫力があって、ただただ怖かった」と振り返る。以来、「用心棒」(61年)、「椿三十郎」(62年)など数々の現場で助手を務めた。「それで人生が変わった。本物の映画づくりをやっていたから、とにかくじっと見ていた。それが今、すごく役に立っている。監督する時も『黒澤さんならどうするかな』と…

この記事は有料記事です。

残り1454文字(全文1820文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集