メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創作の原点

映画カメラマン・監督 木村大作さん 現場で学んだ黒澤イズム

=東京都千代田区の東宝本社で、根岸基弘撮影

 かつてのスタジオシステムの中で育った残り少ない映画カメラマンであり、映画監督でもある木村大作さん(78)は「散り椿」(9月28日全国公開)で、自身3度目の監督に挑んだ。葉室麟さんの時代小説を原作とした今作では、岡田准一さん演じる剣豪らによる殺陣のシーンなどに、若かりし頃に撮影助手として仕えた黒澤明監督の映画づくりの神髄を込めた。

 東宝に撮影助手として入社してすぐに、黒澤監督の「隠し砦の三悪人」(1958年)の撮影現場に放り込ま…

この記事は有料記事です。

残り1604文字(全文1820文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです