G7

米朝会談で協力一致 非核化の要求確認

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ケベック(カナダ)小山由宇】主要7カ国首脳会議(G7サミット)は8日夜(日本時間9日午前)、政治・外交分野の討議も行った。北朝鮮に完全な非核化を求める方針を確認したほか、12日にシンガポールで開かれる米朝首脳会談の成功に向けて、米国に協力することで一致した。ロシアのG7サミット復帰についても議論したが結論は出なかった。

 G7首脳は「完全かつ検証可能で不可逆的な方法による非核化」を北朝鮮に求めることで合意した。G7が結束して核・ミサイルの完全な廃棄を迫る姿勢を強調する狙いがある。北朝鮮のあらゆる大量破壊兵器と、短・中距離を含むあらゆる射程の弾道ミサイルの廃棄を実現させることが必要との認識でも一致した。

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文515文字)

あわせて読みたい

注目の特集